アメリカ人との結婚手続き方法をわかりやすく

基本情報

アメリカ人の結婚事情
法定婚姻年齢:18歳

州によっては、親の同意を得て(場合によっては裁判官の同意を得て)18歳未満であっても結婚することができます。

アメリカ人との結婚手続きは日本から行う方がスムーズに行えます。

婚姻要件具備証明書とは(通称:独身証明書)
本人が独身であるなど、婚姻できる要件が整っているかを証明する書類になります。

日本方式での結婚手続き(日本で先に結婚手続きをする場合)

※地域によって必要書類が異なる場合がありますので、事前に確認をお願いします。

Step.1 日本にあるアメリカ大使館で婚姻要件具備証明書を取得する

日本にあるアメリカ大使館・領事館でアメリカ人の婚姻要件具備証明書を取得しますが、アメリカ​大使館は事前予約制となっております。

※即日発行してもらえます。
※公証費用として50ドルかかります。
※軍人の方は婚姻要件宣誓書を米軍法務官から入手しなければなりません。
※未成年のアメリカ人は、両親か後見人の公証された同意書が別途必要になります。

 

Step.2 日本の役所で結婚手続き 

アメリカ人の必要書類

  1. 婚姻要件具備証明書(米国市民は宣誓供述書)
  2. 上記書類の日本語訳
  3. パスポートと写真のページの日本語訳
  4. 在留カード(ある場合のみ)

日本人の必要書類

  1. 婚姻届け(証人2人の署名・捺印ありのもの)
  2. ​戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)

 

​※日本語訳はどなたが行っても大丈夫です。
※日本人の戸籍謄本に婚姻情報が反映されるまでに約1週間かかります。

以上で終了になります。

​日本で先に結婚手続きをした場合は、アメリカ大使館等での手続きは不要になりますので結婚証明書の発行がありません。

配偶者ビザ申請時に必要となるもの

​・結婚証明書は不要

アメリカ方式での結婚手続き(アメリカで先に結婚手続きをする場合)

※地域によって必要書類が異なる場合がありますので、事前に確認をお願いします。

婚姻のための要件は米国50州の州ごとに異なります。さらに州の中でも郡によって要件が異なる場合もあります。一般的な流れは下記になります。

Step.1 日本人の婚姻要件具備証明書を取得する

日本人の婚姻要件具備証明書は、日本の法務局またはアメリカにある日本大使館で取得可能です。

▼日本の法務局で取得する場合

日本人の必要書類

  1. 申請書
  2. 戸籍謄本 原本 (3か月以内のもの)
  3. パスポートまたは運転免許証等の身分証明書

※申請の翌日に発行されます。

 

Step.2 アメリカの各州の役所で手続き開始

​アメリカの各州の役所にて結婚許可証(マリッジライセンス)取得の手続きをします。通常は、役所内の部署(County Clerk)のオフィスで取得できます。原則2人でCountry Clerkに行く必要がありますが、州によっては1人でも可能なところもございます。

必要書類

  1. アメリカ人の出生証明書
  2. 日本人の婚姻要件具備証明書
  3. ​戸籍謄本

​※申請には血液検査、待機期間が必要な州などもあるようです。
※婚姻許可証の取得には最大1週間ほどかかる州もございます。

Step.3 結婚式をあげる

アメリカの多くの州では、誰が結婚式を執り行うことができるのかについて規定があります。

教会の神父・牧師、裁判所の裁判官等によって結婚式を行い結婚を宣誓します。そして婚姻許可証(マリッジライセンス)に署名をしてもらいます。

 

Step.4 結婚許可証(マリッジライセンス)の発行

牧師などの資格のある資格者のもとで宣誓し、結婚許可証を発行してもらいます。

​日本での結婚手続きと配偶者ビザの申請でも使用するので2部発行してもらうようにお願い致します。

 

Step.5 日本にある役所で報告的届出

​アメリカにある日本大使館でも可能ですが、1ヶ月以上手続きにかかるので日本にある役所にて報告的届出をすることをお勧めいたします。日本の役所の場合は約1週間ほどで日本人の戸籍謄本に婚姻情報が記載されます。

日本人の必要書類

  1. 婚姻届け(証人2人は不要)
  2. 戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合のみ)

アメリカ人の必要書類

  1. 結婚許可証(Certificate Of Marriage)とその日本語訳
  2. パスポートと写真のページの日本語訳
  3. 在留カード(ある場合のみ)

​※日本語訳はどなたが行っても大丈夫です。
※日本人の戸籍謄本に婚姻情報が反映されるまでに約1週間かかります。

配偶者ビザ申請時に必要となるもの

・結婚証明書(Certificate of Marriage)

ビザプロでは日本のビザのみサポートを行っておりアメリカのビザのサポートは行っておりません。

フィアンセビザで渡米したい方

外国人が米国へ入国する際には一部の例外を除きビザが必要です。米国大使館・領事館では渡米目的に合ったビザを発給しており、フィアンセにはフィアンセビザ(K-1ビザ)を発給します。K−1ビザを取得すると、フィアンセは渡米後結婚し、米国内で滞在資格を永住者に変更することができます。K−1ビザは、発給後半年間有効で一回の入国に限り有効です。米国入国後は90日以内に結婚しなければなりません。結婚を取りやめた場合にはフィアンセは入国後90日以内に出国しなければなりません。

※取得に時間がかかり、日本にあるアメリカ大使館に行く必要がでてきます。

流れ

①アメリカ移民局に書類を送る。
USCISというアメリカ移民局に書類を送ります。申請後、約1ヶ月ほどで「アメリカのほうで審査が始まります」というお知らせが届きます。

②審査が通ると、日本のアメリカ大使館に情報が届きます。

③その後日本にあるアメリカ大使館で面接を行います。(即日結果ができます)

④大使館にパスポートを預けて、K1ビザの発給を受けます(約1週間ほどかかります)

⑤K1ビザの取得

​K-1ビザを日本より取得したい人は下記参照ください。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typek.asp

無料相談
  • ビザプロ
  • 国家資格を持った専門家がスムーズなビザ取得をサポート!
    ビザ申請の不安やお悩みをお聞きし、
    お客様に合わせた最適な方法で最短許可をお手伝い致します。
まずは、お電話かメールでお問い合わせください
関連する記事
アクセス
  • 住所
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿7-1-7新宿ダイカンプラザA館1123
  • アクセス
    JR「新宿駅」西口より徒歩5分
    都営大江戸線「新宿西口駅」D5出口より徒歩1分
    西武新宿線「西武新宿駅」より徒歩2分
新宿駅からのアクセス経路
  • 新宿駅の西口にでます。
    目の前にコクーンタワーが見えます。
  • 西口に出たら右に進みます。
    ユニクロが見えてきますのでそのまま直進
    します。
  • 思い出横丁が見えてきます。
    そのまま直進します。
  • 大ガードの大きな交差点が見えてきます。
    交差点を渡り、さらに直進します。
  • 直進するとカラオケ館が見えます。
  • カラオケ館の横に事務所の入り口がございます。こちらの1123号室になります。